2008年10月27日

シティ クラシックカード が不要な方は27日までに連絡を!

先日、シティカードジャパンよりAmazonクレジットカードサービスが終了する旨の発表が行われましたが、続報です。

Amazonクレジットカードサービスが終了した後は、シティ クラシックカードが利用できますが、基本的に自動移行のようです。シティ クラシックカードは、Amazonクレジットカードと異なり、年会費がかかるようなので、不必要な方は、忘れずに連絡しましょう。

シティ クラシックカード(A)の発行を希望されないお客様は、2008年10月27日までに上記シティカード カスタマーサービスまでご連絡ください。

22日付のメールによれば、27日(月)までに連絡する必要があるようです。

【関連記事】
Amazonクレジットカードサービスが終了 (2008年10月03日)

【関連情報】
・Amazon Credit Card サービス終了のお知らせ
 http://www.citibank.co.jp/ccsi/emagazine/amazon/notice/conv/1008_02/index.html

02:35 | コメント (1) | トラックバック

2008年10月03日

Amazonクレジットカードサービスが終了

昨日、シティカードジャパンよりAmazonクレジットカードサービスが終了する旨の発表が行われました。

シティカードジャパンとAmazon.co.jpとの提携カード「Amazonクレジットカード」は、諸般の事情により2008年12月15日をもちましてサービスを終了する運びとなりました。

メインカードをAmazonカード(VISA)にしていたので、困りました…。

他にポケットカードの P-one カード(Master)とJNB VISAカードを持っています。ただし、年会費がかかるJNB VISAカードは、今年末に解約する予定です。残るカードは、P-one カードのみとなるため、自動的にこのカードがメインになりますね。個人的には、メインカードの銘柄は VISA が良いのですが…。変更できたりするのかな。ちなみに、サブカードには、オートチャージの出来る Yahoo!JAPANカードSuica あたりを検討しています。

Amazonクレジットカードは、別に還元率が飛び抜けて良いというわけではないのですが(普通に使うと P-one の方が還元率がよいはず)、限度額が高めだったのです…。なので、失うのはかなり惜しい。

Amazonクレジットカード終了後は、シティ クラシックカードに切り替えられるようなのですが、年会費(3150円)がかかるのでパス。

2008年12月15日までにお手元にシティ クラシックカード(A)が届かない場合や、ご登録住所に変更がある場合はシティカード カスタマーサービスまでご連絡ください。

メールでの通知によれば、自動的に移行になるような雰囲気なので、忘れずに解約せねば。

【関連情報】
・Amazonクレジットカードサービス終了のご案内
 http://www.citibank.co.jp/ccsi/notice/amazon_service/index.html
・Amazonクレジットカードがサービス終了するので退会した
 http://blog.yuco.net/2008/10/amazon_credit/

23:08 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月02日

ふるさと納税制度が始まりました

ガソリン税の話で埋もれた感がありますが、ふるさと納税制度が始まりました。

住民税(地方税)の一部を出身地の自治体などに寄付できる「ふるさと納税」も含んだ地方税法改正案が30日、衆院本会議の再可決で成立した。

住民税のあり方などに関連し賛否はあると思いますが、寄付金の控除拡大ですから良いのではないかと思います。ただ、寄付を「獲得」するために多額の予算を組むことがあれば、少々気分が悪いです。

「ふるさと納税」で検索すれば、地方公共団体の説明ページが多数作成されているようです。自分の出身地の市役所のウェブサイトにも説明がありました。

県内の個人から10万円が寄せられ、竹島の領土権確立に関する事業への活用を希望している。

中国新聞によると、島根県に寄せられた最初の寄付は「竹島」に関する活用を希望していたとのことです。寄付金で政治を動かす時代が訪れそうですね。竹島の領土解決を期待しているのであれば、出身地問わず島根県に寄付することが出来ます(適切に活用されるかは別問題)。

ふるさと納税制度をきっかけに、地方行政に関心が持たれると良いですね。この制度を利用すれば、大阪の児童文学館を救うことが出来るかもしれませんよ :)

【関連情報】
・ふるさと納税:地方税法改正案が衆院本会議の再可決で成立 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080501k0000m010026000c.html
・島根に「ふるさと納税」第1号 - 中国新聞
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200804220053.html

22:25 | コメント (2) | トラックバック

2008年04月06日

サウンドハウスで個人情報流出

楽器通販サイトの大手であるサウンドハウスで、個人情報の流出が確認されたようです。

弊社が運営するインターネットショッピングサイトで過去に購入されたお客様の情報が流出している可能性があるとのクレジットカード会社からの指摘を受け、セキュリティ対策を専門とする第三者機関に調査を依頼したところ、外部からの不正アクセスよってカード情報を含む個人情報が流出した可能性が高い、との報告がありました。

僕も電子ピアノの購入で利用したことがあります。

少なくとも2007年1月1日より以前に新規会員登録を済まされているお客様のデータの流出はないようです。

利用は2006年なので一安心したいところですが、クレジットカードの明細に気を付けようと思います。利用したカードは、現在利用していない JNB の VISA カードなので、この機会に解約しようかな。

ウェブでは3日に流出の旨の連絡がなされていますが、メールで連絡が来たのは6日でした。詳細が判明してから連絡が来るよりも、まずは、第一報があるほうが嬉しいのですが、皆様はいかがでしょうか。

【関連記事】
デジタルピアノを注文しました (2006年07月23日)

【関連情報】
・個人情報の流出について - サウンドハウスニュース
 http://www.soundhouse.co.jp/shop/News.asp?NewsNo=1555

23:43 | コメント (1) | トラックバック

2008年02月19日

SONY mylo の新版 COM-2 は3月1日に発売

SONY が出していたパーソナルコミュニケーター mylo の新版 COM-2 が3月1日に発売されると発表がありました。

ソニーは、屋内でも屋外でも手軽に持ち運べ、インターネットに素早くアクセスして、ブログ/SNSやインスタントメッセージ/チャットのようなコミュニケーションなどを快適に楽しむことができるインターネット専用端末の第2世代機 パーソナルコミュニケーター“mylo”『COM-2』を発売します。

NTTコミュニケーションズが提供する「ホットスポット」の1年間無料接続体験サービスもセットになった上で、初代よりも5000円ほど安くなるようです。

タッチパネル機能やカメラ機能が付いているので、初代より欲しい度が上がっています。Google カレンダーと同期するスケジューラ(ローカルで作動)が付いていれば、即決なんだけど…。mylo Widget を利用すれば、好きなソフトウェアを開発・導入できるという噂なので、期待。

天から降って来ないかなぁ。

【関連記事】
mylo(マイロ)が欲しい! (2007年07月29日)

【関連情報】
・手軽で快適なインターネット専用端末 “mylo(マイロ)” 第2世代機を発売
 http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0219/
・パーソナルコミュニケーター “mylo(マイロ)”
 http://www.sony.jp/products/Consumer/Mylo/index.html
・インターネット機能を充実した新型「mylo」の機能をチェック
 http://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/20994.html

23:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月17日

AO/AC 入試の廃止はアドミッションポリシーと実施コストが理由

先日、九州大学法学部が AO 入試を廃止するという報道が大々的になされました。その煽りを受けて、既に決定事項であった、筑波大学国際総合学類の AC 入試廃止も同列に語られているようです。筑波大学の話題も出てきたので、取り上げてみますかね。

九州大学法学部と筑波大学国際総合学類の廃止ですが、理由が異なります。

試験別に入学後の成績を比較したところ、AO入試で入学した学生の成績がほかよりも低い傾向にあったという。センター試験を課す学部では目立った差がなく、基礎学力の不足が原因と判断、廃止を決めた。

九州大学は、入学後の成績が悪いことを理由に廃止しています。

筑波大アドミッションセンターは廃止の理由を、「きめ細かく検討して時間をかける割に、他の入試で入った学生と目立った違いがなかったため」とする。

対して、筑波大学は、目立った違い無かったことを廃止の理由にしています。

九州大学は、何を目的に AO 入試を実施していたのでしょうか。筑波大学は、他の学生よりも「目立つ」学生が欲しかったように思われますが、九州大学の求める学生像は、記事から分かりません。

AO選抜(総合評価方式)では,主要科目の基礎学力を前提として,社会的関心,柔軟な理解力,的確な分析能力と問題発見能力,論理的で説得的な表現能力などを評価したいと思います。

九州大学法学部のアドミッションポリシーによれば、基礎学力を前提としているため、今回、その「基礎学力」が担保とされていないため、廃止に至ったと考えられます。即ち、基礎学力が無いことを理由にするというよりも、アドミッションポリシーの遂行が難しくて廃止かと。

AO 入試で基礎学力云々は無意味と思っていますが、アドミッションポリシーで定めているのでしたら仕方が無いですね…。

独創性と問題発見・解決能力とともに、国際的な視野とコミュニケーション能力を総合的に評価する。

筑波大学国際総合学類の AC 入試のアドミッションポリシーは、上記の通り。「国際的な視野とコミュニケーション能力」は他の選抜方法でも求められており、「独創性と問題発見・解決能力」が AC 入試でのみ求められているアドミッションポリシーです。

今回、この「独創性と問題発見・解決能力」が備わっていなかったことが廃止の理由となったかは明らかではありません。理由は「目立った違い」が無いことであり、他の選抜方法の者も「独創性と問題発見・解決能力」を備えていた可能性があるからです。

結局、実施コストが廃止の理由でしょう。自己推薦資料を段ボール箱に入れて送る受験生が多々いる(都市伝説化されそうですが事実)選抜方法ですから、書類に目を通すだけでも大変ですし、選抜基準が明確ではありませんから(一定ではあるらしい)、試験官に対する重圧は計り知れないものがあると思います。

ということで、朝日新聞は、最近の「学力低下」に悪乗りしすぎです。基礎学力や成績は、廃止の本筋ではないでしょう。アドミッションポリシーの有効性や、一部大学での AO 入試形骸化(単なる学生集めに利用)などに踏み込んで欲しいですね。

余談ですが、筑波大学が AC 入試というのは、海外の AO 入試と区別するためです(ソース失念)。アドミッション・オフィス(AO)に対しアドミッション・センター(AC)ですから、海外ほど入試実務の権限が委託されていないという皮肉もありそうですが。

【関連情報】
・asahi.com:AO入試、廃止の動き 九大・筑波大など 「成績低い」 - 暮らし
 http://www.asahi.com/life/update/0214/SEB200802140011.html
・法学部 - アドミッションポリシー - 九州大学
 http://www.kyushu-u.ac.jp/entrance/policy/lawap.php
・筑波大学 大学案内2008
 http://www4.d-pam.com/fileRoot/fp/4/0/400130/DigitalAlbumRoot/070703150439/default1.html
・大学プロデューサーズ・ノート 【アーカイブス】日本の大学は、AO入試を勘違いしている?
 http://blog.livedoor.jp/shiki01/archives/50021771.html

22:40 | コメント (5) | トラックバック

すき家のバイトは業務委託であるから残業代が支払われないらしい

すき家のアルバイトは、業務委託であり残業代が発生しないらしいです。

 .▲襯丱ぅ箸篭侈灰轡侫班修鮗分たちで作成し、会社の業務指示で業務をしていない。だからこれは請負契約に類似する業務委託契約であって、雇用契約ではない。
◆.▲襯丱ぅ箸龍侈各や時間帯は、アルバイトの自由裁量で会社の指示がない。すべてアルバイトの裁量である。
 請負契約に類似する業務委託契約であり、残業代が発生するという前提を欠いている。

株式会社ゼンショーが東京都労働委員会宛の書面の中で主張しているようですが、見解が労働組合側からしか出ていないので、鵜呑みにすることは出来ませんが…。

この主張が事実であり、通用するのであれば、殆どのアルバイト雇用主が主張することが出来そうですね。「請負契約に類似する業務委託契約」は、流行の「偽装請負」に通ずるものがありそうです。

その他、制服貸与、社会保険完備、有給あり、契約社員登用制度ありなど嬉しい厚待遇なんです☆☆

アルバイト募集では、労働基準法に準拠しているような事が書いてありますが、実態はどうなんでしょうね。今後の進展が今後が気になります。

【関連情報】
・牛丼「すき家」のアルバイトは業務委託であり、残業代は発生しない - 首都圏青年ユニオン
 http://www.seinen-u.org/sukiya-assen.html
・すき家のアルバイト/バイト求人情報
 http://j-sen.jp/t/sukiya/

18:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月11日

La Fonera が Amazon.co.jp で購入できます

ライブドアとの提携により、ますます便利になった FON ですが、無料で他の AP を利用するのに必要な La Fonera が Amazon.co.jp で購入できるようになりました(厳密には La Fonera で無くとも OK ですが)。

この商品は1500円以上国内配送料無料を利用して配送されます。

マーケットプレイスでの注文となりますが、配送料は実質無料のようですね。インターネット通販で購入するのであれば、最もお得かと思います。

livedoor Wireless の契約を検討している方は、この機会に FON の Linus 会員になってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
FON のアカウントで livedoor Wireless が利用可能に (2008年02月04日)

【関連商品】
La Fonera(ラ・フォネラ)FON機能搭載 無線LANルータ
La Fonera+(ラ・フォネラ・プラス)FON機能搭載 無線LANルーター
La Fontenna(ラ・フォンテナ)パネルタイプ La Fonera用オプションアンテナ

23:08 | コメント (2) | トラックバック

2008年02月07日

マクドナルドつくば学園店が店舗も24時間営業に

最寄のマクドナルドが、店舗も24時間営業になりました(最寄といっても 2.5km 以上ありますけど)。昨年12月の改装後から変更されたみたいです。知らずに2ヶ月も過ごしてた!

取りあえず今のところ学園線マック合宿が企画されていますので参加を希望される方はコメントまで御願いします。

店舗に迷惑かけずにまったりと。

【関連情報】
・つくば学園店 - マクドナルド
 http://www.mcdonalds.co.jp/shop/search/map.php?strcode=08014
・学園線マックが24時間営業化 - 6sese.memo
 http://www.6sese.info/wordpress/index.php/archives/482

23:46 | コメント (3) | トラックバック

2008年02月04日

FON のアカウントで livedoor Wireless が利用可能に

本日、ライブドアとフォン・ジャパンの業務提携が明らかになり、ライブドアが提供する livedoor Wireless を FON のアカウントで利用することが可能になった。

一方livedoor Wirelessは、東京都23区の屋外エリアを中心に約2200個所のAPを保有、JR山手線圏内の約80%のエリアを網羅している。

都内での利便性が大幅に上がりそう。livedoor Wireless は、店舗ではルノアールなどを中心に展開しており、出先でコーヒーを飲みながら…という利用も可能になるだろう。

FON 向けに FON_livedoor のビーコンを追加することで、今回のサービスは可能になる模様。利用可能サービスが分かりにくいが、まとめると、以下の通りだと思う。間違いがあれば、コメントやトラックバックでご指摘を。

・FON Linus (FON_AP 公開ユーザ)

既存 FON_AP と同様に FON_livedoor が利用できる(livedoor 以外のサイトにも接続できる)。ただし、追加費用なし(無料)で利用できるのは8月4日まで(延長される見込み)。

・FON Aliens (FON_AP 未公開ユーザ)

認証無しで livedoor のサイトが利用可能。4月4日まで「フリー・アクセス・キャンペーン」を行っており、FON_AP を公開しなくとも FON_AP, FON_livedoor を Linus 同様に利用できる。

・FON 未登録ユーザ

認証無しで livedoor のサイトが利用可能。

FON は、既存の商用公衆無線 LAN サービスとは違うアプローチを取りながらサービスを行っていたが、今回の業務提携で「使える無線 LAN サービス」にかなり前進したように思う。ユーザによる設置、業務提携による FON ビーコンの増加問わずし、更に FON が「使える」ようになることを期待している。

【関連情報】
・フォン・ジャパンとライブドアが提携--FONユーザーがlivedoor WirelessのAPを利用可能に - CNET Japan
 http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20366481,00.htm
・ライブドアの公衆無線LAN接続サービス、livedoor WirelessのアクセスポイントがFON対応に
 http://corp.livedoor.com/pressrelease/2008/02/0204-2.html
・PR:FONユーザーが、ライブドア・ワイヤレスの全アクセスポイントを利用可能に
 http://blog.fon.com/jp/archive//prfonaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaacea.html

23:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月23日

公衆無線 LAN サービスが月額380円で利用できる

ヨドバシカメラ・オリジナルプラン - WIRELESS GATE

現在の商用公衆無線 LAN サービスといえば、月額504円で利用できる「Yahoo! 無線 LAN スポット(BB モバイルポイント)」や月額525円で利用できる「livedoor Wireless」があるが、今回、月額380円で両方が利用可能となるサービスが発表された。

月額利用料は380円で、プロバイダー契約不要。自宅で使っているときと同じように外出先でもインターネットやメールが使えます。

トリプレットゲートとヨドバシカメラの提携により、ワイヤレスゲートに「ヨドバシ・オリジナルプラン」が設けられた。ワイヤレスゲートの通常価格は、月額2000円程度であるため、値引率がすごい。

ワイヤレスゲートは、BBモバイルポイント・livedoor Wireless・成田空港エアポートネットなど 複数のサービスをひとつのIDで横断的に利用できる公衆無線LANサービスです。

Yahoo! 無線 LAN スポット を月額504円で利用していうこともあり、今回、ワイヤレスゲート ヨドバシ・オリジナルプランに乗り換えようと思う。Yahoo! オークションを利用しているのであれば、使い続ける余地があるが、利用していないので…。

月額945円を上乗せすることにより、フレッツ・スポットを利用することも出来るようだ。ただ、公衆無線 LAN サービスに、月額1000円以上支払う気にもならないため、オプション契約は行わない方向。

まずは、最大2ヶ月無料の無料お試し(先着1万名様)で「WIRELESS GATE(ワイヤレスゲート)」を体感してみてください。

Yahoo! 無線 LAN スポット を12月31日に解約し、ワイヤレスゲート ヨドバシ・オリジナルプランを1月1日に契約する予定。すでに ToDo に加えている。登録に必要なキャンペーンコードは、ヨドバシカメラのページに記載されている。

スタート記念パック

東京に出かける際にウェブページをチェックしたときは、キャンペーンコードが掲載されていなかったため、パンフレットを5部も頂いてきた。帰って来たら、記載されてたが…。

【関連記事】
Yahoo! 無線 LAN スポット (2007年01月17日)
BB モバイルポイント を検討中 (2007年01月04日)

【関連情報】
・ヨドバシカメラ・オリジナルプラン - WIRELESS GATE
 http://www.tripletgate.com/yodobashi/
・月額380円で使い放題の高速インターネットサービス - yodobashi.com
 http://www.yodobashi.com/enjoy/more/contents/80320532.html
・ヨドバシカメラ、公衆無線LANサービスを業界最安値の月額380円で開始 - GIGAZINE
 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071220_yodobashi_wifi/

23:24 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月04日

NAVER が日本再上陸を進める

先日の報道によれば、3年前に撤退した NAVER が日本市場に再挑戦する準備を進めているとのこと。

韓国ではすでに日本向けの検索エンジンのα版の開発が完了し、現在はテスト段階中だという。今後は、2008年のサービス開始に向けて準備を進める。

日本向けのロボット型検索サービスが増えるのは嬉しい。

僕の記憶が正しければ、当時 NAVER のみが、総合検索(ウェブ検索や画像検索を同一ページに表示する検索機能)に対応していたと思う。今では、かなり一般的になりつつあるが、当時のその先駆性が、今回の再上陸でも発揮されることを期待している。

韓国資本の日本向け検索サービスとしては、他にも Empas Japan がある。参入から2年が過ぎているが、性能改善がほとんど行われていないようだ。日本市場に対する挑戦は、本気じゃ無かったのかな。

【関連記事】
NAVER が撤退しその後 (2005年01月13日)

【関連情報】
・検索サービス「NAVER」が日本市場に再挑戦、「ネイバージャパン」設立
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/11/30/17703.html

19:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月08日

コトハコのインタビュー記事

筑波大学発ベンチャー企業の株式会社コトハコのインタビュー記事が CNET Venture View に出ていました。

ECサイトにおける商品検索技術を開発しているベンチャー「コトハコ」。同社CEOの山内学氏は、1998年に筑波大学社会工学類を卒業後、ソフトハウスを経て、2000年ホスティング会社に移り、シリコンバレーに駐在。帰国後、ベンチャー企業を共同で立ち上げた後に、検索エンジンの研究をすべく、筑波大学の大学院に戻り、2004年にコトハコを設立する。

コトハコでは、自社開発の「コトハコ商品検索エンジン」を視力として事業を展開しています。元々は、携帯向け検索サービスやデスクトップ検索など、試行錯誤している雰囲気がありましたが、現在は EC サイト向けの検索 ASP に注力しているようです。

筑波は、学生の一部にコアなメンバーがいるんです。『AC入試』という自己推薦入試枠があって、高専などからプログラミングに秀でた人間が入ってくる。彼らは、プログラミングそのものの基礎能力が我々と違いますね。

AC 入試の紹介が!

筑波大学発ベンチャーとしては、ソフトイーサ株式会社が有名ですが、株式会社コトハコなど他にもたくさんあります。面白いインタビュー記事だったので、是非どうぞ。

【関連情報】
・目指すは「すべての商品検索の裏にコトハコあり」 - CNET Venture View
 http://v.japan.cnet.com/column/select/story/0,2000067543,20352283,00.htm
・株式会社コトハコ
 http://www.kotoha.co.jp/
・筑波大学発ベンチャー - ILC
 http://www.ilc.tsukuba.ac.jp/rehp/jp/hp/examples.htm

21:59 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月15日

フレッツサービスに障害が発生

NTT 東日本の IP 網で大規模な障害が発生しました。

本日 18:30-22:30 の時間帯に茨城県エリアの IP 網に障害が発生しておりました。その影響で、該当時間帯は CEEK.JP も全サービス停止となりました…。4時間も障害が続くのは、珍しいかも。

CEEK.JP の中の人の奮闘をば。

19:00 に大学からリモートデスクトップを利用して自宅の PC にログインできないのを確認しました。念のため CEEK.JP につないでみたら、そっちも繋がらない。急いで自宅に帰りましたよ。

まずは、ルータの熱暴走を疑って、リブート。いきなり伝家の宝刀を使用。復帰しない。

ルータ XR-410 にログインしてみると PPPoE のセッションが切れており、再接続しても繋がらない。

インターリンクの障害を疑い、ノート PC にて PHS 経由で障害情報をチェック。原因に「上位回線の設備障害」とか書かれていた。腐った上位回線を利用しているんだな…と思いつつ不貞寝。

22:50 に目が覚めた。ルータの再接続機能のおかげで、自動復旧してた。障害の原因が NTT というこを知る。

ま。伝家の宝刀を使用して不貞寝したと言うことですね。

同社によると、NTT東日本ビル内にあるIP伝送装置の電源を再起動することでサービスが回復することが判明し、準備中の岩手・山梨を除く12都道県で順次再起動している。

NTT も伝家の宝刀を使うようです。単なる高負荷なんだろうか?陰謀論が好きな僕としては、某国からのサイバーテロによるものだと信じています。

光ファイバーの選択肢は、僕の地域だとフレッツサービスしかないわけで、回線そのものの障害は痛い。都内だと USEN や TEPCO という選択肢もあるのでうらやましい。回線の多重化が必要であれば、引越ししろと言うことですな。

【関連情報】
・故障発生のお知らせ(茨城県エリアの一部) - NTT 東日本 障害情報
 http://flets.com/const/nw_t_ibaraki_07038.html
・NTT東のIP網障害、伝送装置リセットで順次回復へ
 http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/533620.html

23:50 | コメント (7) | トラックバック

2007年04月13日

CentOS 5 がリリースされました

先日からベータがリリースされていた CentOS 5 ですが、本日、正式版がリリースされました。

These updated software versions: Apache-2.2, php-5.1.6, kernel-2.6.18, Gnome-2.16, KDE-3.5, OpenOffice.org-2.0, Evolution-2.8, Firefox-1.5, Thunderbird-1.5, MySQL-5.0, PostgreSQL-8.1.

Apache, PHP, kernel, MySQL のバージョンがあがるようなので、現状の環境を移行できるか調べねば。

CentOS-5 is based on the upstream release 5, and includes packages from all variants including Server and Client.

ベータ版を試せばよかったのですが、インストーラも結構変わってるのかな。サーバ用途よりもデスクトップ用途にシフトしてきた感じでしょうか。

5月上旬をめどにサーバをリプレースしますかな。ハードウェア RAID も調べないと。

【関連記事】
CentOS 5 が3月末にリリース? (2007年03月10日)

【関連情報】
・The Community ENTerprise Operating System
 http://www.centos.org/
・[CentOS-announce] Release for CentOS-5 i386 and x86_64
 http://lists.centos.org/pipermail/centos-announce/2007-April/013660.html

13:04 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月10日

CentOS 5 が3月末にリリース?

CEEK.JP のサーバは CentOS 4.4 を使用していますが、メジャーバージョンアップされた CentOS 5 が今月末にリリースされる見込みということです。

Red Hat Enterprise Linux 5 が、3月14日に発売することが決定したらしいので、その流れです。

HDD の交換も兼ねて、サーバの再インストールでもしましょうかね。

【関連情報】
・エンタープライズ向けLinux「Red Hat Enterprise Linux 5」の発売日が決定
 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070307_rhel5/

21:12 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月20日

百度 Baidu がクローラ問題への対応を表明

Baidu 百度

中国最大手の検索エンジン「百度(Baidu)」が、過剰クローリング問題に対応すると表明しました。

百度のクローラは Baiduspider という名前なのですが、すさまじい勢いでクローリングを行うロボットです。紳士協定として存在する robots.txt を参照しないばかりか(ヘルプページに参照すると書いてるが)、アクセス頻度も度を越していました。

Order deny,allow
# Block Baidu (CN)
Deny from 60.24.0.0/13

このようにアクセスを拒否しているサーバ管理者も多いのではないでしょうか?

各サイトにクローラー負荷を下げさせています。Baiduspiderの最大クローラー頻度は9回/秒から1回/3秒までに下げさせました。以前クローラー頻度の1/27になりました。

1秒間に9アクセスはいくらなんでもヤバイと思うのですが、その頻度が下げられることが一番大きいです。僕のサイトでもアクセスブロックを行っていますが、様子を見ながらブロックを終了させようと思っています。

日本参入を表明しているので、まずは柔和ということかな。アジア圏の検索エンジン参入は久しぶりなので、楽しみにしています(韓国発 NAVER があったけど撤退)。

【関連情報】
・百度
 http://www.baidu.jp/

22:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月12日

検索サーバを国内に設置するために法改正

2006年12月9日付の毎日新聞に興味深い記事がありました。僕は、法律に関するアンテナを立てていますが、基本的に素人なので、その辺を踏まえてお読みください。

インターネットの検索サービスに使うサーバーコンピューターを国内に設置できるようにするため、著作権法を改正する方針を固めた。

検索サービスに関係なくネット上での著作物の使用が緩和されるなどして、一定のルールの下、情報の流通がさらに促されることは良いことだと思います。

2年前の未踏ソフトウェア創造事業でも同様のことを提案しましたが、知的財産面の解決が困難であるからという理由も挙げて、不採択となりました(この要因が大きいかどうかは知らない)。

現行法では、著作物の権利者に無断で検索用サーバーに著作物を保存したり、編集することは違法となる。このため、国内向けの検索サービス事業者もサーバー自体は海外に設置している。

1文目では、いわゆるキャッシュの話をしているのだと思います。まぁ。キャッシュという言い方は嫌いなので、出来れば「ミラーコピー」と言って欲しいものです(参考: 技術用語「cache」が政治的な言葉として拡大利用される)。皆さんも一緒に「ミラーコピー」運動を。

2文目は意味が分からない。事業者の実態が国内にあれば、国内法で裁かれるはずだけど。アダルトサイトを海外サーバでやっても摘発されるでしょ?検索事業部が海外にあれば(国内に主権を握るものが居ない)、その通りだと思うのだけど。まぁ。一般向けにすると、こういう文章になるのだろうか。

瞬時に検索結果を提供するため、保有する大量のサーバーに世界中のホームページの内容などを蓄積し、キーワードや内容などの索引(インデックス)を付けている。日本の著作権法では、著作権のある情報を蓄積することは「複製」、索引を付けることは「編集」と解釈され、ビジネスに利用することは違法だ。

「複製」に関してはその通りだと思う。「編集」に関してはどうだろうか。この場合の「索引」は、検索エンジンの技術的な「索引」を指すと思うのだけど、眉唾。仮に「図書」の「索引」であれば、編集に該当すると思われる。

まず、図書の索引について。

図書の索引は、著者は索引を作らず「編集者」が索引をつくる。これを著者の著作物(書籍)に追加することから、編集に該当するのではないか。

さて、検索の索引について。

検索の索引は、あるトークンがどの URI を指すかを示すリストであり、もともとの URI に含まれる著作物とは独立に管理される。すなわち、図書で言えば「書籍リスト」に相当するものである。独立することから、検索の索引は、それ自体が事業者の著作物となると思うのだけど、どうなんでしょう?

ミラーコピー(キャッシュ)を表示すること(保持すること)は、複製に該当する。ミラーコピーに「このページにリンクしているキーワード」を追記すれば、編集に該当するように思われる。

ようわからんな。専門家の意見を伺うのが早いか。

国内では、経済産業省が主導し、グーグルなどに対抗する国産の検索技術を開発する取り組みが始まっているが、情報を蓄積するサーバーを海外にしか置けないのでは、将来のビジネス展開に支障が出ると政府は判断した。

これが本当ならあまりにも情けない。行政府の支障になるから行政府が改正を提案するなんて…。建前だけでも、海外ベンダーに挑戦する「検索エンジンベンチャー」が増えてきたとでも言っておけばいいのに…。

ということで、記事は眉唾なんですが、よく分からない部分もあるので、専門家の意見を伺わねば。誰に聞けばいいんだろう…。社会学類の教員に聞けばよいのかな。あ。判例を探せばいいのか。

【関連記事】
不採択理由書が届きました (2004年07月27日)

【関連情報】
・検索サーバー:国内に設置 実現へ著作権法改正方針
 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/wadai/news/20061209k0000e020065000c.html

14:12 | コメント (3) | トラックバック

2006年11月14日

オーストリアからオーストリーに呼称変更

「オーストリア」と「オーストラリア」を取り違えたことはありませんか?そんな不憫な「オーストリア」ですが、日本での呼称を「オーストリア」から「オーストリー」に変更することになったらしいです。

私たちは発音と表記を考慮し長音(ー)を入れ、Österreich の呼称を 「オーストリー」 と変更することで、オーストラリアとの違いを明確に致します。

元の単語の発音が分からない…。

日本が参加した1874 年のウィーン万国博覧会においても、Österreich は「オウストリ」と紹介されております。

なるほど。以前は、今と違う発音方法を用いていたわけですか。

ただ、日本政府での公式呼称は変わらない気もします。確か「ローマ法王庁」をより正確な「ローマ教皇庁」に変更するように要請したけど実現しなかったような。そもそも要請なんかしてなかったかな?

ところで、肝心の オーストリア大使館 のページが全然更新されていないですね…。

※追記 (2006年11月15日 16:10)

Wikipedia によると、すでに日本政府に申請されているらしい。

外務省は既にこの件を受理していて、表記変更については検討段階

どうなることやら。教科書の表記なども変わりかねない大きなことだと思うのですが、マスコミの報道はないですよね?やはりマイナーなんだろうか…。

【関連情報】
・Österreich 日本語表音表記 の変更について
 http://www.austriantrade.org/fileadmin/f/jp/PDF/Umbenennung_von_Oesterreich_im_Japanischen.doc.pdf
・オーストリー大使館商務部
 http://www.austriantrade.org/japan/our-office-in-tokyo/ja/
・「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?
 http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/pope.htm

23:38 | コメント (1) | トラックバック

2006年08月31日

2人の情報学類生が未踏ユースに採択

Admission Centre

筑波大学から採択されると、結構な確率でスーパークリエータに認定される未踏ユースですが、今年は2人の情報学類生が採択されました。2年前に不採択となった僕は、出してすらいないです(敵前逃亡)。

ま。そんな話題はすでにご存知かと思いますが、採択理由で AC が取り上げられています。

古橋君は,未踏ユースに数々の先輩を輩出してきている,あの筑波大学AC (Admission Centre) 入学の学生の一人である。

スペル間違えとる…。

Google で「Admission Centre」について調べてみると、数件見つかりますね。もちろん、正しくは「Admission Center」なわけですが。

ということで、採択された皆様、良い結果が出ることを期待しています。

【関連情報】
・統合ディスクレスネットワーク基盤システム
 http://www.ipa.go.jp/jinzai/esp/2006youth/gaiyou/2-02.html
・2006年度未踏ソフト ウェア創造事業「未踏ユース」公募結果
 http://www.ipa.go.jp/jinzai/esp/2006youth/koubokekka.html
・2006 年度未踏ユースのトップページ
 http://d.hatena.ne.jp/softether/20060823#p1

03:34 | コメント (7) | トラックバック

2006年08月07日

ソフトイーサ株式会社の社長が交代

ソフトイーサ社のトップページには記載されていませんでしたが、プレスリリースのページに新体制についてのリリースが記載されていました。8月1日をもって、社長が中村氏から原氏に交代したということです。

筑波大学発ベンチャー企業である ソフトイーサ株式会社 (代表取締役会長 登 大遊 / 本店所在地 茨城県つくば市) は、 2006 年 8 月 1 日付をもちまして、以下の新体制を発足いたしましたので、おしらせいたします。

東京組(ソフトイーサ VPN 株式会社)の取締役が全員退任した感じ。方向性が合わなくなったんでしょうか?

僕は、情報系ベンチャーでありながら、ウェブサービスではなく、アプリケーション開発(しかも低レイヤー)で勝負をしているソフトイーサ株式会社を応援しています。そういうベンチャーを立ち上げる学生が、同じ大学に居て、しかも同期であることを誇りに思います。

ちょっと迷走している感がありますが、ここからが本当のスタートでしょうか?

技術寄りの体制になったので、また面白いこと(お金にならないこと)をやってくれるのではないかと期待しています。

【関連記事】
ソフトイーサ株式会社の人事異動 (2005年09月09日)

【関連情報】
・新体制のお知らせ
 http://www.softether.com/jp/company/press/release/060801.aspx

17:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月02日

平山選手が中退

結局辞めちゃったのね。文武両道を期待してたのですが、なかなか難しそうですね。

大学によると、退学理由は一身上の都合とされているが、プロとしてのプレーに専念するためとみられる。

退学理由を回答するのは、個人情報保護の観点から言えばあまりよろしくないような気がするんだけど、本人も了承済みなのかね。公人というわけでもないですし。

とりあえず、ますますの活躍を期待しております。

自分の所属する大学や母校の関係者の活躍は、純粋に嬉しいですね。

【関連情報】
・平山が筑波大を中退 サッカーのプロ一本に (産経新聞)
 http://www.sankei.co.jp/news/060502/spo055.htm

18:17 | コメント (4) | トラックバック

2005年10月06日

著作権は無いが不法行為と認める

読売新聞社とデジタルアライアンス社が争っていた裁判の知財高裁の結果が出ました。

塚原朋一裁判長は、記事見出しについて著作物性は認められないとしながらも、デジタルアライアンスが行なった記事見出しの無断配信は不法行為にあたるとして、一審判決を一部変更し、デジタルアライアンスに対して約24万円の損害賠償を命じた。使用差し止め請求や、不正競争防止法違反行為については認めなかった。

地裁の「見出しに著作権は無い」ということに関しては、追認した形となりましたが、営業に使用したことに関して、不法行為に当たると認定されました。

報道を見る限りは、あやふやな点が多いです。ということで、判決の全文が読みたいです。知的財産高等裁判所で公開されるのかな。8月までしか公開されて無いんだけど。

著作権が無くても、知的財産権として認められるのかな。

和解に持ち込むという話もちらほら聞いていたのだけど。そうはなりませんでしたね。

地裁判決から、実に1年半の時が経っています。当時と現在では、状況が大きく変わってるなぁ。当時のメモを読んで懐かしくなった。

【関連記事】
ネット記事の見出しに著作権なし (2004年03月25日)

【関連情報】
・見出しの無断配信は不法行為、知財高裁が読売新聞の訴えを一部認める判決
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/10/06/9397.html
・知的財産高等裁判所
 http://www.ip.courts.go.jp/

23:13 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月12日

ライブドアが独自検索エンジン導入へ

毎日新聞で面白い記事があった。

ライブドアの堀江貴文社長は12日、06年9月期中に、独自のインターネット検索エンジンを導入する方針を明らかにした。「複数の大学の研究室と共同開発している」と述べた。

過去の株主総会でそういった構想は明らかにされていましたが、舌の根が乾かぬうちに Google を採用したので、構想だけかなー。と思っていたら、もうちょっと前進していたようです。

構想にはかわり無いと思うけど。

気になるのは、どこの大学と共同開発しているか。ってことだな。予想では、電通大や東工大だと思うのだけどいかがだろうか?純粋に、東大かもしれないし、ドリコム絡んで立命館かもね。

電通大 ... もぶろげっと
東工大 ... blogWatcher
東大 ... なんとなく
立命館 ... マトリックスクラスタリング

こんなところを根拠に考えてみた。しかし、これらは、検索の周辺技術だなぁ。ウェブ全体の検索エンジンとなると、まずは、核がないと難しいと思う。未来検索か?

ということで、楽しみにしています。

【関連記事】
ライブドアがブログ画像検索を開始 (2005年07月15日)

【関連情報】
・ライブドア:来期、独自検索エンジン導入へ (毎日新聞)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20050813k0000m020014000c.html
・ライブドアにぱくられた件 (今日の井原)
 http://blog.windy.ac/archives/000852.html

22:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月10日

Google News が RSS Feeds の提供を開始

Google News が RSS Feeds の提供を開始したようです。今のところ、米国のみで日本では提供されていません。仕組みはあるので、近々提供されるのでは、と思いますが。

Google といえば、勝手サイトでの RSS Feeds 提供を禁止するなど、なんとなく RSS に対する敵対感があったような気がするのですが、最近は、アドセンスで提供するなど、軟化しているようです。多分ね。

その一環として、ニュース検索でも提供か。

Google News の Top News の RSS Feed
Google ニュース 日本版 の トップニュース の RSS Feed (未配信)

こんな感じ。もちろん、検索結果の RSS も取得できます。

ニュース検索での提供を開始するということは、もしかすると、 RSS 広告のテストをするつもりなのかもしれませんね。自社のコンテンツで広告を配信するのが、安定的で良いですし。

ぱーっと RSS を見た感じですが、要素が少ないですね。ニュースの配信元くらいは、メタデータとして入れておいてもいいんじゃ無いかと思いましたが。また、要約にエスケープされたタグが入っていて、ちょっといまいち。つーか、海外は RSS 2.0 がデフォですか。

さてさて、国内では、ニュースサイトがとっても強い(?)ので、すんなり提供できるか見ものです。提供しそうですが。

【関連情報】
・About Feeds and Terms of Use
 http://news.google.com/intl/en_us/news_feed_terms.html
・Google News のRSSフィードの配信が始まる (Webビジネスコンサルタントのネタ帳)
 http://neta.ywcafe.net/000496.html

06:21 | コメント (1) | トラックバック

2005年07月15日

インターネットが新聞を超えた?

総務省のページを回っていたら、情報通信白書が先月末に出ていた。暇なのでぱらぱら見ていると、面白いデータを見つけた。

わずかな僅差であるが、ニュースの入手手段が、インターネットが新聞を抜いているのだ。

84.0% テレビ
67.4% インターネット
62.2% 新聞
06.2% 雑誌・書籍

複数回答で、上記のような結果になってます。うひょー。インターネットの時代が来たぜ!と思うのは、少々、問題があったりするのです。からくりがありました。

このデータの出典を良く見ると、以下のようになっていたのです。

「ネットワークと国民生活に関する調査」(ウェブ調査)

調査がウェブでの調査だったのですよね。これだと高くなるのは目に見えてる。目に見えてると思うのだけど、実際にどれくらい影響しているのかわからないので、なんとも。どれくらい影響あるんでしょうかねぇ。

情報通信白書のこの項目に関して、新聞は、ほとんど報道していないようなのだけど、このようなからくりを理解しているからかもしれない。まぁ。自分たちに不利な内容を書きたくないだけなのかもしれないけど。

前者であると願いたいものですけどね。純粋に、優先度が低いとか紙面の都合の可能性が高い。被害拡大の事柄に比べれば、全然、重要度が高くないし。そりゃIT系メディアなら別ですが。

ニュース検索の需要は、今後、大きく伸びることは無いかもしれない。ニュースの情報収集が 30% とかだったら伸びると予想できたんだがなぁ。成熟してくると考えられるので、乗換え組みをいかに捕まえるかだな。

ま。からくりを理解することは、大事だと思うのですよ。また、一次情報の入手も大事。

一次情報に絞った検索エンジンも作ってみたいものですね。プレスリリースなどに絞った奴。って、プレスリリースくらいしか無いじゃんorz

あ。はてなブックマークを見たら、丁度 My News Japan でも同じ話題が取り上げられているのを見つけました。そちらでは、新聞は、この話題を取り上げない!と書いているものの、ウェブでの調査であることを触れていない。ちょっと残念。

【関連情報】
・国民生活の変化 (平成17年版 情報通信白書)
 http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h17/html/H1202100.html
・平成17年版 情報通信白書
 http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h17/index.html
・ネット利用時間、初めて新聞上回る 新聞は報道せず (My News Japan)
 http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=307

00:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月09日

blogWatcher 2.0 がスタート

東京工業大学奥村研究室は9日、なんでもRSS機能などを追加した blogWatcher 2.0 を公開しました。初期バージョンから、約9ヶ月のことです。

今回のバージョンアップで一番大きく変わったと思うのは、やはりインタフェースです。内部機能の強化よりも、やはりユーザーに近いインタフェース部分の改良というのは大きいです。

検索結果にいろいろ情報が出るのがかっこいい!強いて言うなら、表示内容をカスタマイズできるといいなぁ。とか思ったりも。

また、なんでもRSS機能というのも追加されており、blogWatcher の特徴の1つである、RSSを配信していない日記風サイトも検索対象であるというのが、客観的にわかるようになりました。これはすごいと思う。ただ、CGI BOYの日記が RSS に変換できないなど、まだまだ改善の余地がありそうです。まぁ。CGI BOY が対応しろよ。ってな話でもありますが。

そういえば、1年前の IPA X で blogWatcher を見せていただいたときに話したことを思い出した。

最強の 日記 / Blog 検索エンジンになりそうですね。

初期バージョンでは、テクノロジープレビューの意味合いが大きく、サービスとしては、お世辞にも使いやすいとは言えなかったのですが、今回のバージョンアップでとても使いやすくなりました。

ちょっと関係ないですが、この技術は、ホットリンク社を通じて商用化されるようですね。

【関連情報】
・blogWatcher 2.0b
 http://blogwatcher.pi.titech.ac.jp/
・ホットリンク、ブログ活用し企業・商品の評判を調査 (日経新聞)
 http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20050506AT2E2801Y02052005.html

23:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月10日

Google が動きました

Google の日本向けサービスが大きく動いたようです。面倒なので、一括して取り上げ。

Google サジェスト

検索キーワードの補完機能みたいなやつ。途中まで入れると、絞込みに適していると思われる、キーワードの候補がリスト表示されます。流行の Ajax なのではないかと思う。とりあえず、キーワードに『登大遊』を入れてみればいいと思う。補完キーワードが事実かどうかはわかんない。

Google アラート

海外ではすでに行われていたサービスです。この度、日本語に対応しました。登録しておくと、最新のニュースがメールで届きます。新しいウェブページの通知も可能なようですね。ニュースサイトとどの辺で妥協したのか気になるところ。強行突破か?

Google ニュース のカスタマイズ可能

Google ニュース のカスタマイズが可能になりました。トップページの内容をカスタマイズできるんだって。

こんな感じか。

カスタマイズ可能がめっちゃ悔しい。うちでも前々からやりたくって、色々な人にやりたいんだよねー。という話をしていましたが何か?話をしていただけで、実行に移せていないのが悪いのだけど。アラートは、正味どうでもいいです。便利なんだけど、メールよりも RSS の方がよさそうだから。

このタイミングで Google が動いたのは謎。いつもは、もっとゆっくり動いていたような気がするんだけど。何かあったのかな?

【関連情報】
・Google サジェスト
 http://www.google.co.jp/webhp?complete=1&hl=ja
・Google アラート
 http://www.google.co.jp/alerts/

16:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月28日

政党も RSS の配信を

日本の政党は、情報を RSS で配信しているのか?そんな疑問を、変なきっかけで得た。

早速調べてみる。調査の方法は、主要政党(自民党, 民主党, 公明党, 共産党, 社民党)のオフィシャルサイト内で、RSS フィードがあるかどうかを Google の site: と filetype: を併用しつつ、サイト内を適当にみて調べた。

公明党: 特設ブログ (Movable Type)
共産党: 機関紙 (しんぶん赤旗)

探してみたところ、以上の2件しかなかった。いや、2件もあったというべきかな。ただし、共産党の方は RSS Auto Discovery に対応して無くって残念でした。

RSS のいいところは、あまりみないサイトも気軽に『ブックマーク』に入れることはできることにあると思う。サイトは、あまりみないんだけど、エントリーにたまに面白いのがあればぁ。くらいで。僕も、130サイトくらい RSS Reader に登録しているけど、全部のエントリーを見てるわけではないです。

政治なんていう硬い情報は、進んで見たいとは思わないけど(少なくとも僕は)、個々のエントリーでたまに面白そうなのがありそうだから、登録しようかなぁ。という気にはなります。

官公庁や国内のニュースサイトも、どれくらい RSS を配信しているのか調べてみたいな。そのうち調べよう。

【関連情報】
・KOMEIロボのKOMEI (公明党)
 http://www.komei.or.jp/blog/webinfo/
・しんぶん赤旗
 http://www.jcp.or.jp/akahata/

00:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月26日

MS のブログガイドライン

過去のニュースをみていると、マイクロソフト社のブログガイドラインを見つけました。

1. 雇用の契約内容に守秘義務があることを忘れない。
2. ニュースを発さない。守秘情報は公開しない。
3. 読者からの情報などは、著作権・特許などの絡みもあるので取り扱いに注意。
4. 前にいた会社に敬意を払い、その情報を書く際には気をつける。
5. 自分自身が誰で、マイクロソフトで働いていることを公開する。
6. 企業責任の問題もあるので、サポートやアドバイスをする時には注意が必要。
7. 個人の意見として公開。
8. 「Post」のボタンを押す前に、どのような反響があるかを考える。

上手いガイドラインだと思います。

マイクロソフト社は、社員がブログを書くことを勧めていて、その際、事前に以上のガイドラインを参照するように言われているらしい。

情報発信者を明確にすることには、ちょっと賛否がありそう。とはいっても、情報学類にも情報発信規定があって、学類の計算機を用いての情報発信は、氏名を明記する必要があったりします。もちろん、2ちゃんねるに書き込むときも、名前を書かなくてはいけません。

情報学類の情報発信規定って、学類生でも知らない人が多そうだけどね。

ブログを書く人が増えてますが、自分自身にルールを課している人は、どれくらいいるのかな。ブログといっても、本質的には、普通にウェブページを作るのとかわらないしね。

【関連情報】
・ブログビジネスサミット in シアトル(その2) (nikkeibp.jp)
 http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/rep02a/357876
・情報学類教育用計算機を利用したインターネットへの情報発信に関する規定
 http://www.coins.tsukuba.ac.jp/ce/kitei/kitei.html

01:38 | コメント (3) | トラックバック

もっと古いエントリー

ダルビッシュが謹慎 (2005年02月20日)
2005年度未踏ユースの公募開始 (2005年01月28日)
Google News の巡回先 (2) (2005年01月21日)
NAVER が撤退しその後 (2005年01月13日)
紅白の視聴率は過去最低 (2005年01月02日)
アルファーブロガーの卵を探せ (2004年12月20日)
SoftEther の実験用サーバ募集 (2004年12月11日)
IBMが中国へ行く (2004年12月08日)
上下の差が広がっているらしい (2004年12月08日)
Bloglines の日本語化 (2004年12月01日)
ヨン様・韓国 ブーム (2004年11月28日)
Sleipnir のソースコードが盗まれる (2004年11月17日)
校長室でアダルトサイト (2004年11月12日)
アメリカ大統領選挙と州別IQ (2004年11月08日)
Google News の巡回先 (2004年10月04日)
フレッシュアイがプレスリリース検索 (2004年09月29日)
ダルビッシュが喫煙 (2004年09月20日)
カブロボ・コンテスト (2004年09月19日)
大量破壊兵器はない (2004年09月17日)
毎日新聞が Google News を拒否 (2004年09月09日)
ライブドアが AAA!CAFE を買収 (2004年09月07日)
新聞社の圧力で潰れたのは (2004年09月03日)
Google News と新聞社の関係 (2004年09月03日)
抽象的に言えばいいのか? (2004年08月26日)
アスクジーブスが日本に本格参入 (2004年08月24日)
15年度ユースの開発成果公開 (2004年08月07日)
ソフトイーサ株式会社が黒字に (2004年08月05日)
2004年度未踏ユースの公募結果詳細 (2004年08月02日)
livedoor ニュースにトラックバック (2004年07月19日)
SoftEther の Mac 版が発表か (2004年07月14日)
女子高生コンクリ殺人の元少年を逮捕 (2004年07月04日)
2004年度第1回未踏ソフト公募結果 (2004年06月25日)
ドリコムがニュース検索エンジンをリリース (2004年06月23日)
平成15年度「未踏ソフト」開発成果 (2004年06月22日)
公式SoftEther活用ガイドが8日発売 (2004年06月04日)
Yahoo! JAPAN が Google と別れた (2004年06月01日)
vnn.cnが反論掲載 (2004年05月20日)
Winnyがバージョンアップ (2004年05月20日)
Winny作者逮捕の見落とし点 (2004年05月12日)
なんでもかんでもWinnyかよ (2004年05月12日)
未踏事業の報告書が公開 (2004年05月11日)
Winnyの作成者が逮捕 (2004年05月11日)
SoftEther VPN Server 2.0 の一部仕様 (2004年05月05日)
柏村議員の参院委での発言 (2004年04月26日)
Amazonが検索サービスのテスト開始 (2004年04月15日)
SoftEtherでSCMシステム構築 (2004年04月13日)
実験用匿名仮想HUBが不調な理由 (2004年04月04日)
ソフトイーサ株式会社設立 (2004年04月03日)
AlltheWebがYahoo! Searchに統合 (2004年03月30日)
ネット記事の見出しに著作権なし (2004年03月25日)
過保護すぎるんじゃない? (2004年03月23日)
データハウスから関連本 (2004年03月23日)
AlltheWeb, AltaVista が終了 (2004年03月21日)
SoftEtherがバージョンアップしました (2004年03月19日)
2004年度未踏ユースの公募開始 (2004年03月16日)
三菱マテリアルとSoftEtherの提携決定 (2004年03月01日)
SoftEther 次期バージョン開発着手!? (2004年02月23日)
Seezleのスクリーンショットが公開 (2004年02月17日)
impressによるSoftEther入門 (2004年02月02日)
SoftEtherのソースを一部に配布 (2004年01月25日)
SoftEtherがSSLを採用します (2004年01月13日)
Unix epochから2^30秒後キター (2004年01月10日)
1月10日22:37:04は記念すべき瞬間 (2004年01月09日)
Winnyの開発者は国立大の助手? (2004年01月07日)
SoftEtherの通信をブロックできるソフト (2004年01月07日)
仮想HUBの修正版がひっそり公開 (2003年12月29日)
SoftEtherの配布が再開されました (2003年12月27日)
眺めるインタフェースの提案とその試作 (2003年12月27日)
SoftEtherの配布が一時停止 (2003年12月24日)
SoftEtherがバージョンアップ (2003年12月24日)
SCOが弁護士費用かさみ赤字計上 (2003年12月23日)
郵政公社、ATMでの1カ月定期の預け入れ中止へ (2003年12月20日)
FAQ検索専門サイトがオープン (2003年12月17日)
SoftEtherの配布開始 (2003年12月17日)
SoftEtherが公開される (2003年12月15日)